まるで自分の歯

術後、金属探知機に反応することがある?

インプラント治療をすると、金属探知機に反応するのではないかと心配する人は多いです。
インプラントには金属が使われているのですから、心配になって当然のことですよね。
しかし実際、インプラント手術をしたからと言って、飛行機に乗る前空港で金属探知機に引っかかってしまったり、MRIをする時金属探知機に反応するようなことはありません。
インプラントでは金属を使っているのに、どうして金属探知機に反応することはないのでしょうか。

インプラントで使われている素材は、チタンです。
純正の高いチタンが使われていて、磁石もほとんどくっつけないくらいの金属になります。
ですので、金属探知機に反応してしまうようなことはなく、空港で引っかかってしまったりMRIの検査の前に引っかかってしまうようなことはありません。
もちろんCT検査の前に反応を起こしてしまうというようなこともなく、インプラント治療をしても金属に関しては何も気にしなくて出大丈夫なのです。
金属探知機に引っかかってしまうのも嫌ですが、金属探知機に反応してしまったことがきっかけでインプラントがずれてしまったり、インプラントに異常が生じてはイヤだと思う人もいます。

純度の高い質の良いチタンでインプラントは作られていますから、それらの心配は全くありません。
金属アレルギーの人がインプラント手術をしてもアレルギーにならないくらいですから、金属としての反応はとても低いのです。
インプラント手術をする前は、わからないことが沢山あるはずです。
数度目のインプラント治療という人もいるでしょうが、そのような人は珍しいですよね。

ほとんどの場合は人生で初めてのインプラント治療に挑戦する、そんな状況でしょう。
不安を抱えながらインプラント治療すると、納得のできない部分が出てきたり、治療中に投げ出したくなることもあるかもしれません。
インプラントのカウンセリングで、わからないことや心配なことはすべて先生に質問しましょう。
専門家に答えてもらうことで安心できますし、インプラント治療が安全で安心な手術だと言うことが、先生に説明してもらえてわかるはずです。

Copyright(C) 2013 自然に近い歯 All Rights Reserved.