まるで自分の歯

歯周病や歯肉炎があると治療はできない?

インプラント治療は誰でもできるというイメージが強いですが、そういうわけではありません。
インプラント治療できない人もいるので、それを理解した上でインプラントを考えておく必要があるでしょう。
あごの骨が少ないと、インプラント治療できない場合があります。
骨密度が少ないような場合も、インプラント治療できない可能性があります。

あごの骨にインプラントを埋め込むのですから、土台がしっかりしていないと手術できないのです。
技術が発展しているので、技術の高い病院ならばあごの骨が少なくても骨密度が少なくても手術できる場合があるので、一度断られても諦めずにいろいろな病院を探してみてはどうでしょうか。
インプラントしてくれるところが見付かるかもしれません。
歯周病や歯肉炎の場合も、インプラント治療を受けられないことがあります。
インプラントは半永久的だと考えられていますが、それは口の環境が良くなければなりません。

口の環境が悪いと、インプラントが長持ちしない可能性もあるのです。
そうなると、大きな手術をする意味がなくなってしまいますよね。
歯周病を患っているのであれば、まずはそれを改善していかなければなりません。
歯肉炎の場合も、薬で抑えられる程度に軽ければ大丈夫ですがきつい状態の場合は、まずは治療していかなければなりません。

歯周病や歯肉炎を治療してようやく、インプラント手術ができるのです。
インプラント手術をしても、口の状態が悪いと細菌が繁殖してしまい、歯周病と同じような病気になってしまいます。
そうなると口が悪くなるだけではなく、インプラントがしっかりと固定しなくなってしまうのです。

インプラント治療がかなり長くなってしまいますし、インプラントの寿命も短くなってしまいます。
インプラント治療を受けるならば、歯周病や歯肉炎を改善していかなければなりません。
今までなかなかそれらの病気の治療ができなかったという人も、インプラント治療をきっかけに口内環境を整えることができるのではないでしょうか。

Copyright(C) 2013 自然に近い歯 All Rights Reserved.