まるで自分の歯

痛くない?インプラントの治療

インプラント治療は手術をします。
手術なので、痛くて怖いのではないかと心配している人も多いでしょう。
しかし、インプラント手術は痛くありません。
インプラントは、あごの骨に人工の歯を埋め込むので、効いているだけですごく痛そうですよね。

しかし実際、手術中に痛みを感じるようなことはないのです。
というのも、手術する時には局部麻酔をするので、麻酔がきいて全く痛みがないのです。
インプラント手術そのものの痛みはないのですが、手術が終わって麻酔が切れるとやはり痛みが出てきます。
2、3日は痛みがあり腫れてしまうので、それは覚悟しておかなければなりません。
しかし、すごく激しい痛みというわけではなく、薬で抑えることができる程度です。
ですので、インプラントで痛みに関してはあまり怖がらず、積極的に受けることができるでしょう。

痛みに弱い人も、インプラントならば痛みを最小限におさえることが可能なのです。
手術そのものがどうしても怖いと言うような場合は、静脈内鎮静法できるクリニックを探すと良いのではないでしょうか。
静脈内鎮静法ならば、ほとんど眠っているような状態でインプラント手術を受けることができるのです。
全身麻酔とは違うので、意識はあるのですが、うとうと眠っているような感じであまりわからないのです。
手術がどうしても怖いという場合には、この方法を用いると良いでしょう。

手術時間も、短く感じられ、あっという間に終わってしまいます。
インプラント手術は、手術なので入院しなければならないと思っている人もいるのではないでしょうか。
入院するとなると私生活に支障をきたしてしまいますし、仕事を休まなければなりませんよね。
インプラント治療は、手術した当日を家に帰ることができます。
いつも通り家に帰ることができるので、予定を変更する必要ないのです。
痛みも抑えることができて、手術の怖さを回避することもできて、日帰りできるのですからインプラント治療は思っている以上に手軽にできる手術なのです。

Copyright(C) 2013 自然に近い歯 All Rights Reserved.