まるで自分の歯

入れ歯とは何が違うのか

インプラント治療が大人気です。
入れ歯にするかどうか迷っている人の多くは、インプラント治療を選びます。
今入れ歯だと言う人も、インプラント治療して入れ歯から卒業することが増えてきています。
入れ歯とインプラント治療は、どのように違うのでしょうか。
その違いを知ることで、どちらにするか選択肢をふやすことができます。

そして、自分に合う方を選ぶことができるでしょう。
入れ歯には様々なデメリットがあります。
まず、入れ歯をすると顎が痩せてしまうと言われています。
より老人ぽくなってしまうでしょう。
入れ歯は、違和感が大きく常に入れ歯をしていると実感しなければなりません。

おいしいご飯を食べているときも、入れ歯の違和感が気になってしまいますし、さらには入れ歯の隙間に食べ物が挟まってしまうと、すごく痛くなってしまうこともあり、そうなると食事ができなくなってしまいます。
入れ歯をやり直さなければなりません。
入れ歯の場合硬い食べ物を食べることができなくなってしまいますし、好きな食事を楽しむことができなくなってしまうでしょう。
入れ歯が邪魔になってしゃべりにくくなってしまうこともありますし、いきなり外れてしまうようなこともあります。
入れ歯は、ほとんど自分の歯と同じだと言う感覚にはなりません。
自分の歯の30%の能力程度しかないと考えておかなければなりませんし、それだけ扱いにくいということです。

入れ歯のせいで口臭がきつくなってしまうこともありますし、毎日のケアは絶対に欠かすことができないでしょう。
インプラント治療ならば、入れ歯のデメリットをすべて腐食することが可能です。
顎が痩せてしまうようなこともありませんし、自分の歯として違和感を感じるようなこともありませんし、好きな食事を楽しむことができます。
痛みが出てくるようなこともありませんし、人前で外れてしまうようなこともありません。
入れ歯特有の口臭もなく、普通に歯磨きして口臭を防ぐことが可能です。

Copyright(C) 2013 自然に近い歯 All Rights Reserved.