まるで自分の歯

インプラントを受けるデメリット

インプラント治療することで、自分の歯を取り戻すことができます。
入れ歯のような違和感がありませんし、口臭が発生してしまうようなこともありません。
差し歯のように状態を選んで治療するのではなく、歯根がなくても治療が可能です。
ブリッジのように元気な歯を削るようなことがないので、今ある歯をそのまま残すことが可能です。

このようにメリットが多いインプラント治療ですが、デメリットもあるということを頭に入れておかなければなりません。
インプラント治療のメリットだけではなく、デメリットも理解することで、さらに納得のインプラント治療ができるはずです。
インプラント治療は、見た目がとても綺麗で自分自身違和感を感じることがありません。
しかし、メリットだけではなくデメリットがあり、やはり一番は高いということです。
インプラント治療を受けるならば、50万円程度は用意しておかなければなりません。
口の状態が悪ければそれ以上お金がかかってしまいます。

ですので、気軽にインプラント治療することはできないでしょう。
ある程度お金に余裕がなければ、インプラント治療はできないのです。
医療費控除の申請をする事で返ってきますが、保険適用できない場合が多いです。
その他、治療時間がかなり長くなってしまうのもインプラント治療のデメリットではないでしょうか。
短くても3ヶ月以上かかってしまいますし、長ければ1年以上かかってしまうことだってあるのです。
人それぞれ治療期間は違いますが、歯と骨が結合するまで待たなければならないので、すぐに終了できません。

インプラント治療は、誰でもできるというわけではありません。
糖尿病の人は、インプラント治療できないと言われています。
また、高血圧の場合も、インプラントの手術が危険だと考えられていて、受けられないことがあります。
誰でも受けられるというわけではないのも、インプラント治療のデメリットの一つではないでしょうか。
病気を持っている人は、主治医とよく相談することが大切です。

Copyright(C) 2013 自然に近い歯 All Rights Reserved.