まるで自分の歯

手術に使われる麻酔の種類について

インプラント手術は痛いのではないか?そう思ってインプラント手術が怖くてたまらない、そんな人は沢山います。
恐怖が大きいと、インプラントで快適な生活を手に入れたいけれど、なかなか足を踏み出せませんよね。
インプラントの手術は、実は全然痛くありません。
手術というくらいですからすごく痛いのではないかと怯える人は多いのですが、手術中は麻酔を使うので痛みを感じるようなことはありませんし、手術が終わってからも痛みをおさえる薬を飲むので、我慢できない程の痛みを感じるようなことはありません。

インプラント手術では、局部麻酔が行われます。
全身麻酔ではなく、局部麻酔なので意識は保たれています。
意識はありますが、手術する箇所は麻酔で感覚がなくなっているので、どのようなことをしても痛みがないのです。
歯医者さんで歯を抜く時にも、局部麻酔を行いますよね。
それと同じ麻酔でインプラント手術は行われるのです。

歯医者さんで歯を抜いたときに、局部麻酔そのものがすごく痛かったという思い出を持っている人もいるでしょう。
しかし最近は技術が発展して来ているので、すごく細い針を使って麻酔が行われるようになりました。
それにより痛みを軽減することに成功していますし、また電動注射器さらばさらに痛みが少ないと言われています。
歯医者さんによっては、インプラント手術をする時笑気麻酔が使われることもあります。
これは、吸う麻酔なのですが酔っぱらっているような感じになり、怖さを感じる事がなくなります。

局部麻酔でインプラント手術中に痛みを感じるようなことはありませんが、意識があるので恐怖は感じてしまいますよね。
それを笑気麻酔でかなり和らげることができるのです。
また、静脈内鎮静法という麻酔もあります。
これは、眠っているような感じになりあっという間に手術が終了します。
3時間程度の手術も、30分程度に感じられるくらいに、楽に手術を受けることができるでしょう。
実際意識はあるのですが、ウトウトしている間に終わるという感じです。

Copyright(C) 2013 自然に近い歯 All Rights Reserved.