まるで自分の歯

金属アレルギーがあるとインプラントはできない?

インプラント治療には金属が使われています。
ですので、金属アレルギーの人はインプラント治療を受けることができないのではないかと心配になることでしょう。
金属アレルギーの場合、様々な金属にアレルギー反応を起こしてしまって、肌がかぶれてしまったり痛くなってしまいます。
そのせいで、好きなファッションを楽しむことができないという人も多いですよね。

せっかくピアスの穴を開けたけれど、ピアスを使うことができなかったという女性も多いです。
我慢して金属を使い続けると肌が大変なことになってしまい、痒くてたまりません。
そして痛くてたまらなくなってしまいます。
金属アレルギーの人は金属に対して、大きな恐怖を抱えているはずです。

インプラント治療は、金属アレルギーの人でもできるのでしょうか?
インプラント治療は、結果からいうと金属アレルギーの人でも行うことができます。
インプラントには金属が使われているのに、なぜ金属アレルギーの人でもインプラント治療ができるのでしょう?インプラントに使われている金属は、チタンです。
かなり質の良い時間で、純度が高く、金属アレルギーが起こらないと考えられています。
さらには、酸化皮膜でコーティングされている場合もありますし、ハイドロキシアパタイトと言う骨と同じ成分で作られている物質でコーティングされていることもあります。

ですので、金属アレルギーを持っている人でもインプラントに使われている金属に反応を起こすようなことがないのです。
歯医者さんの治療で金属アレルギーが起きてしまうこともありますが、それはニッケルが原因だと考えられています。
インプラントに使われている金属はチタン以外ないので、問題なく金属アレルギーを持っていても積極的にインプラント治療ができるでしょう。
金属アレルギーでどうしてもインプラント治療が怖いという人は、一度カウンセリングでしっかりと先生に話を聞きましょう。
安心してインプラント治療できるはずです。

Copyright(C) 2013 自然に近い歯 All Rights Reserved.